Software Defined Networking

SDN Japanは、SDN(Software Defined Networking)とNFV(Network Functions Virtualization)と呼ばれる新技術の現状を調査し、クラウドから始まる柔軟なネットワーク構築と制御の需要を実現します。

様々な分野で始まったSDN / NFVの本格活用を中心に、SDN&NFVが実現する技術・製品は、ネットワークユーザーが直面する課題となるでしょう。一方、これまでに明らかにされた個々のユースケースやビジネスケースを共有することで、どのようなアプローチが適用でき、どのようなメリットが得られるかをSDN / NFVの有用性を検証します。

プログラムは、チェックする場所になるように構成されています。メインホールでの講演に加え、主催企業の展示会や講演会を通じて、製品やソリューションの最新情報を入手できます。昨年開催されたSDN Japan 2014には、23社の協力を得て約1,000人が参加しました。今年は1,200人の来場者を期待しています。

SDN / NFV分野における技術の標準化、特定の使用方法に基づくベンダーでの製品開発とソリューション開発は着実に進んでいます。また、これらのソリューションや製品がサービスプロバイダーや企業ユーザーから商用導入されるケースも増えています。

SDNジャパンは、コントロールプレーンを実装するコントローラーやスイッチOSなどのソフトウェアと、データプレーンを提供するスイッチコアやチップなどのハードウェアの最新動向に注目します。私たちはプログラムに焦点を当てています。また、キャリアやサービスプロバイダーでのSDN / NFV活用事例の最新情報を、活用事例としてお届けする予定です。

今後、SDN / NFVの普及に伴い、ネットワークのあり方が根本的に変化し、最終的にはICTプラットフォームの設計・運用方法、そしてそれを利用する事業の展開に大きな変化がもたらされます。また、必要となるネットワークエンジニアや運用管理者のイメージも変化することが予想されます。

SDNとは

Software Defined Networking (SDN)は、ネットワークなどのICTインフラの制御をソフトウェアで定義する概念であり、近年、仮想化技術の1つであるSDNやOpenFlowの概念が注目され、多くのソリューションが 利用可能です。 世界に登場し始めました。

SDNアーキテクチャは、転送プレーンをコントロールプレーンから分離し、コントロールプレーンを集中的に制御します。 具体的には、フォワーディングプレーンとコントロールプレーンを分離してネットワークを抽象化することで、物理構成に依存しないネットワークを構築することができます。 さらに、フォワーディングプレーンの選択範囲が拡大され、コントロールプレーンをカスタマイズすることで、柔軟なネットワークを構築および運用できます。